1. ショップ香月堂ホーム
  2. 素材のこだわり

水のこだわり

蔵王サファイア

素材のこだわり

太陽の光をいっぱい浴びたハウスナス

山形の澄んだ空気ときれいな水。そして太陽の光をいっぱい浴びて育ち、うま味と栄養をたっぷり含んだナス漬用のハウスナス「真仙中長」。
この中でも主に、山形市北西部にある「大郷地区」で栽培している「蔵王サファイア」にこだわって当店では漬けています。

大郷地区が蔵王サファイアの本格栽培に取り組んだのが今から23年前。
もともとこの辺りは田んぼだったところが多いため、ナスを栽培するのに必要な土壌の保湿性が高く、一日中太陽の光を取り入れることができる地形に恵まれていたので、ハウスナス作りに適した環境にありました。
またこの地区の生産者の方々の日々の努力と研究、そして“日本一おいしいハウスナスを作る“という強い信念のもと、宝石のように輝く最高品質のハウス ナス「蔵王サファイア」が誕生しました。

この蔵王サファイアに代表される真仙中長ナスの特徴は、なんといっても皮のやわらかさです。このナスを初めて口にした時の食感は衝撃的でした!
力を入れなくてもサクッと素直に噛み切れるのです。それまで歯ごたえの良すぎるナスに慣れていたので、このやわらかさはうれしい驚きでした。

しかし、ただやわらかいだけではすぐに物足さを感じるものです。このナスの本当のスゴイのは、実の繊維がきめ細かに集まり、キュッと締まっているところです。
最初に感じるやわらかさ、そしてそのあとに噛み進めたときのしっかりとした歯ごたえが、他のナスでは体験できないこのナス特有の食感を生み出しているのです。

さらにこのナスの持っている「ナス本来のうま味」がバツグンにうまい。
おいしい野菜に共通する深みのある甘み、土から水を良く吸い上げたからこそでるみずみずしさ。これら全てが一つになり、このナスを個性的でレベルの高い食材に引き上げています。

また、大郷地区では、出荷が盛りの夏場にナスの枝切り落とします。
勿体ないようですが、一旦、枝への過度な負担を軽減し、もう一度育成させることによって、シーズンの遅くまでおいしいナスを収穫できるようになります。
まさに“リスタート”です。

ハウスナスの出来は気温や天気に大きく左右されます。今の時期どこのナスの発育が良いのか、どこの畑が旬でどこが盛りを過ぎたのか、などは、ナス畑が当店の地元にあるため、その日一番良いナスを仕入れることが出来ます。

当店のなす漬の最大の特徴は「ナスのやわらかさ」です。
それを実現するためにこの「蔵王サファイア」は欠かせない大切な素材です。

おいしさの秘密

ナスは熱帯夜が好き

なすは25℃以上の熱帯夜になるとグングンと育ちます。
成長の早いナスは、暑さによる皮への負担が少なくなるのでとてもやわらかく出来がります。
真夏の暑い日が続くと、ただでさえやわらかいナスがさらにワンランク上のやわらかさになり、一番イイ時期を迎えます。

人間にとっては寝苦しい熱帯夜もナスにとってはイキイキできる最高の環境なのです。

ひと口メモ

おいしいナスの選び方

ナスはなんといっても鮮度が命。皮の柔らかさはもぎ始めてから徐々に落ち始め硬くなっていきます。

そのため柔らかいナスを選ぶポイントは

  1. 肌にツヤとハリのあるもの。
  2. トゲが固くしっかりしているもの。
  3. ヘタ付近の皮の色が薄いもの。

このような所を見極めて選ぶといいと思います。

安全宣言!

無添加で安全・安心

当店のなす漬は保存料・着色料を一切使わない、“無添加食品”です。
そのため、どうしても日持ちが短くなりますが、おいしく、安心に食べていただけるよう、これからも“体に優しい食”にこだわり続けていきます。

  1. ショップ香月堂ホーム
  2. 素材のこだわり
  3. ページのトップへ戻る